一人旅ならでは!一人だからこそ出来る事/メリット7選

一人旅_グランドキャニオン_自然

一人旅は寂しい?

いやいや、一人旅だからこそ出来る事って案外たくさんあるんです!複数人では中々出来ない楽しみ方やメリットを紹介します。

1. 思い立ったらすぐ出発可能。そう、今すぐにでもね。

友達や家族と旅行に行こうとすれば、色々な調整ごとが発生します。どこ行く・・・?何する・・・?いつ行く・・・?相手にもよるでしょうが、「旅行に行きたくなった!さぁ今すぐにでも行こう!」なんて衝動的な行動はほぼほぼ不可能です。

ところが一人旅の場合、自分が思うがままに、自分の都合だけに合わせて出発してしまえば良いわけです。例えそれが土曜の夜だったとしても、思い立ったが吉日。一泊分の着替えだけ持って日曜までのプチ旅行してしまうのも、何の問題もありません。

2. 周りの人が行きたがらない所でも気兼ねなく。

皆興味ないけど、実は焼き物に興味があって伊万里や有田のある佐賀に行きたいんだ!とか、ただただ離島でのんびりと日向ぼっこして過ごしたいんだ・・・とか。少しなら許してくれるでしょうが、流石に相手が全く興味のない場所に長時間突き合わせるわけにはいきません。

一人ならそんな連れに気を遣うことなく、好き勝手な場所に行けるので気楽です。あっ、でも旅行先でうまく洗脳して、趣味仲間を増やすのはありですよ!うちの嫁は旅行先で地酒を飲む楽しみを覚えたので、旅行先では結構な量酒を飲んでも許してくれます(笑)

3. 計画変更もご自由に。気に入った場所にどれだけ時間を使ってもOK。

私はカメラ/写真が趣味なので、夕日とか朝日が撮れるロケーションは大好物です。神奈川県三浦半島にある城ケ島に行った時のこと。海岸に行ってみると岩がゴツゴツして波も荒く、夕日が非常に映えそうな場所でした。本当はその後市場に行って鮪でも買おうと思っていたのですが予定変更。夕日の沈む向きを事前に調べて、良い角度に映る場所を調査。いざ写真撮る段になって三脚を撮りだし30分くらいパシャパシャパシャパシャ・・・結局数時間ほどその場所にいたでしょうか。衝動的にこんなことが出来るのも一人旅ならではですね。

4. 自由に選べる交通手段。

案外これが重要。

私個人としては電車旅が結構好きです。段々と変わっていく窓からの景色を見ていると、旅情が出てきてウキウキしてきます。ゆっくり寝ても良いし、人によっては昼から一杯、なんて楽しみ方も出来ます。

一方でお金を節約したいときは夜行バスが一番。時間を節約するなら飛行機。自由度求めるなら自家用車、レンタカー。

人によって(またその人のお財布事情にもよるでしょうが)何を大事にするかが変わるので実は地味に折り合い付けるのが面倒な項目になります。もちろん、複数人で旅行行けば車で運転変わりながら移動できるメリットは大きいですけどね。

5. 自分と対話する時間が持てる。

一人旅の醍醐味の一つです。

生活している中で、「自分ってこのままで良いのだろうか」「だらだらせず何かしなきゃいけないな」「あの問題どうしよっかな」といった人生についての考えが浮かんでは消え浮かんでは消え・・・と行ったこと無いでしょうか。いつもと同じ環境で、いつもと同じ人が周りにいると中々そういったことを落ち着いて考える機会がありません。

一人旅していると必然的に環境が変わりますし、知り合いも周りに居ないので話す相手は自分だけ。電車の中で景色を見ながら、見知らぬカフェで美味しいコーヒーを飲みながら、居酒屋で名物料理に舌鼓うちながら、誰にも邪魔されず、ゆっくりと考えごとが出来ます。

6. 隙間時間にゆっくり読書。

これも楽しい。 普段読みたいと思っていて”積読”している本を持って行っても良いですが、お勧めは”旅先に関係する歴史本/小説”や”旅行記”を読むことです。せっかくだからその土地や人物に詳しくなると愛着も湧きます。歴史ものだと、高知であれば「竜馬が行く」、長野だったら「真田太平記」とか。旅行記だと益田ミリさんとか個人的には好きです。

7. 旅先での一期一会。

複数人で旅行に行くとあまりありませんが、一人だと旅先で知らない人とゆっくり話す機会が時々生まれます。お互い一人だと話しかけやすく、しかも案外話が弾んだりします。思わぬ情報を聞けることもあり、こういったちょっとした出会いって嬉しい物なんですよね。

以上、いかがでしたでしょうか。皆で行く旅行も楽しいですが、一人旅だからこそ楽しめる事もたくさん!試しに行ってみるとはまってしまうかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。